台湾をめぐる冒険

前作、神馬笛をめぐる冒険からはや数年。今度は台湾・台北でのお話です。

RSS  RSS  follow us in feedly  gmail

カテゴリ:台湾 > 外国語

最近よく行くバーがある。
家の近くのバーだ。
オーナーはアメリカ人と台湾人の夫婦。
ずっと気楽に少し飲めるバーを探していた僕には居心地のいい場所。 
他のお客とも仲良くなりやすく、中国語の勉強にもなる。

ある時いつものように、他の客のおっさんとかと話してたら、オーナーに声をかけられる。
英語だ。
昔のようにスムーズに英語が出ない。中国語で返してしまいそうになるのをぐっとこらえる。
「明日パーティーがあるから行かないか?君の知ってる人も何人か来るよ」
暇だった僕はすぐに行く旨の返事を伝える。

翌日、知り合いの人とそのバーで落ち合い、今日の目的地へ向かう。
もちろんこの時、何のパーティーなのかはしらない。
medium-3df5b-49fbd
あるクラブにたどり着き、他の参加者が来るのを待つ。
全員が集まったのは、僕らが到着して1時間ほど立った頃であろうか。
15人くらいになっていた。僕を除き全員台湾人だ。

ここで何のパーティーかがやっと分かった。
全然知らない女の誕生日会だった。女の子は色んな人におめでとうと言われ、かたや色んなとこで「初めまして」の挨拶が交わされる。
僕以外にも、その子に初めて会う人が何人か居るようだ。

クラブでボックス席を取ってあるとの事で、中に入るともちろんそこには、待ってましたと言わんばかりの7人用くらいのソファしかない。

絶対誕生日の人の友達が勝手に友達とか呼んで、人増えたからやーん
とか
1時間も待たせてこれかーい
とかいうのは喉から上には上げないようにして、
知らない女の誕生日を祝い、皆で踊り狂ったのでした。

台湾ってすばらしい


◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタンの、ひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ   
スポンサードリンク



しばらく更新をサボりました。
毎日ちょこちょこ覗いてくれてる人がいるようなのに、すいません。
ずっとエロい事ばかり考えてました。


気がつけば3ヶ月。
最近では少し中国語が上達した実感もあり、ちょっと感動。
「30歳でもやれば出来るじゃん」の波が何度も押し寄せて来ちゃって、
最終的には調子に乗るという結果となってしまいました。

最近日本食が恋しくなってきました。
台湾の料理も美味しいけど、さすがに日本食が恋しい。
日本食の店は多いけど、めっちゃ旨い店が少ない。あっても高い。
そんなことを考えながらバスに乗っていると、
1380279960550
こんな店を発見。

写真には写っていませんが、入り口にはセクシーめの衣装のくのいちが二人楽しそうに談笑中。
しかしこのバス、ショッピングセンターのシャトルバスだからすぐ降りて確認が出来ない。

これはレストランか何かなのか。まさかとんだおサセがいるのではないか。
この店に対する「アラ、いいですね」の波が何度も押し寄せる。
無料バスに乗る僕の心をかき乱す。
しかしバス停はまだまだ遠い。
僕の心は揺れました。行きたい。いや、一人で行っても面白くないのではないか。
台湾ではいちいちイベントやレストランにセクシーお姉さんがいたりします。
その記憶が僕の心をさらに揺り動かす。

僕の心は揺れに揺れた。
が、結局バスを降りたところからどうやって行くか分からず、断念しました。

今回、僕的にはいいものを見つけたら、
無理してでもバスから降りて行くべきだと勉強になりました。


◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタンの、ひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ   
スポンサードリンク



↑このページのトップヘ