台湾をめぐる冒険

前作、神馬笛をめぐる冒険からはや数年。今度は台湾・台北でのお話です。

RSS  RSS  follow us in feedly  gmail

カテゴリ:台湾 > 仕事関連

日本語は難しい。

前回の記事で紹介した、翻訳の仕事のアシスタント。

「俺日本人だから問題ねーよ」
なんて簡単に思っていた。これが難しい。

皆さんは成人用ビデオを見る時、その全ての会話を聞いた事があるだろうか。
面倒な会話のシーンなんてぶっ飛ばして、重要なシーンだけを見ているのではないだろうか。

インタビューなら問題はない。やり取りはほぼ決まっている。

ドラマの場合。
脚本家によって書かれ、監督によって演出されているであろうドラマ。
それが私を悩ませる。その作り込みの深さが私を悩ませる。
時に想像を超えるような、話の飛躍。
日常では考えが及ばない設定。
重要な部分へ近づけば近づくほど増える、ささやき。
そのすべてが私を混乱させ、完璧なリスニングから私を遠ざける。

同じ部分を何度も聞き直し、聞き取りをする。
聞き取れなければ、何度も同じシーンを見て監督の気持ちを考える。
私がこの作品の監督なら、どうするだろうか。
前後の動き、会話を確認する。
通常であれば、ここでどのような言葉を発するのか。


そんな事を考えていれば、
見れば見るほど、嫌になる。興奮なんてもちろんしない。

趣味を仕事にしてはいけない。
私は今、そう思う。


◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタンの、ひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ   
世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
航空券徹底比較『スカイスキャナー』
旅の指さし会話帳
手数料が安い!【マネパカード】新登場!
世界中でインターネット!グローバルWiFi
英会話
スポンサードリンク



その日、男はとあるビルの一室の前に立っていた。
そこでこれからどのような事が起こるのかを思案しているのは、30歳の男。
3ヶ月前から台湾に来て生活している。

彼の思案の理由、それは台湾における初めての経験。面接、だった。
しかし今日は一人ではない。今回の仕事の相棒と一緒だ。
今回、彼は脇役に過ぎない。ただのアシスタントとしての役割を果たすためにここにいる。
アシスタントの彼であるが、不要にも思える思案には理由があった。

誕生してから、はや数十年。日本でその競争は熾烈を極める業界がある。
成人用ビデオ業界。
そのコンテンツはもはや日本だけには留まらず、海外にも進出している。
それは現在彼が住む台湾でも同じであった。

日本の商品が氾濫し、女優は想像以上の人気をもつ。
日本のコンテンツを提供し、放送するテレビ局がある。
もちろんそれを成すためには必ず必要なものがある。翻訳。

日本語を聞き取り、中国語の字幕をつけていく。
それは容易な作業ではない。極めて難しい作業だ。誰でも出来るものではない。
そこで彼らはチームを組む事にした。
彼は相棒が日本語の聞き取りが出来なかった場合の、アシスタントだ。


そして面接が始まる。
翻訳を担当するチーフが語り始める。次第にその口調に熱が帯びる。
時に険しい表情、時には笑みをこぼしながら淡々と説明して行く。

中国語の面接は彼には聞き取る事が、出来ない。
しかし彼は確かに、その面接官の熱を感じ取っていた。彼と面接官の思いは同じだった。
「日本のビデオを愛する」
彼は異国の地で、熱く、真剣に、真摯に仕事を愛し、取り組む男の姿を見た。
それは、プロフェッショナルに働く男の姿だった。

「あなたにとってプロフェッショナルとは?」
彼にとって、それを面接官に訪ねるのは容易ではなかった。彼はその中国語が分からなかった。

”ぼくらは位置について〜、横一列でスタートをきった〜”


◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタンの、ひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ   
世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
航空券徹底比較『スカイスキャナー』
旅の指さし会話帳
手数料が安い!【マネパカード】新登場!
世界中でインターネット!グローバルWiFi
英会話
スポンサードリンク



↑このページのトップヘ