台湾をめぐる冒険

前作、神馬笛をめぐる冒険からはや数年。今度は台湾・台北でのお話です。

RSS  RSS  follow us in feedly  gmail

カテゴリ:台湾 > ニュース

リュック・ベッソン監督が19日に台湾で記者会見をしていたそうで。
新しい映画 「Lucy」のプロモーションで台湾に来てたみたいです。

どうやら今回のこの映画、
上映時間の89分に対して、台湾でのシーンが50分くらいらしいです。
就是愛台灣! 盧貝松再訪台為「Lucy」宣傳:台湾Yahooの記事 
台北の色んな場所が出てくるんだろーなー。
うわーなんか俺ミーハーだからこういうのなんか知ってる場所が出るのが嬉しくて、
見に行ってまうんやろなー。
窪塚くんの「GO」とか、たけしの「アウトレイジ ビヨンド」とか、
撮影場所が神戸って言うので、なんかドキドキしながら見たもんなー。 
ディカプリオの「ブラッド・ダイヤモンド」の時も、
一瞬ジンバブエの現地語のショナ語っての話すって言うから、テンション高めで見たもんなー。


まあでも台湾に居る間に見ることはないでしょう。
もちろん台湾で上映される時は、英語に中国語字幕だと思います。
完全には内容が理解できひんだろーから、諦めます。
日本に帰ってからTSUTAYAで借ります。
誰か見たら、どんな感じだったか教えてください。

それにしても撮影は、去年だったらしいけど、全然知らへんかったな。。。


◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタン群の中の、どれかひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ    
世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
航空券徹底比較『スカイスキャナー』
旅の指さし会話帳
手数料が安い!【マネパカード】新登場!
世界中でインターネット!グローバルWiFi
英会話
スポンサードリンク



僕が知ったのは最近なんですが、
ちょっと前からSNSを中心に盛り上がっていたらしい氷水のあれ、
「Ice Bucket Challenge」が台湾にもやってきたみたいですねー。

あのビルゲイツさんさんもやってるやつです。

あっ、ちなみご存知ない方はこのサイトが詳しいですね。
一体何が起きているの…… 頭から氷水をかぶる「アイスバケットチャレンジ」が大流行! Facebook、Twitter、MicrosoftのCEOも次々と 「Ice Bucket Challenge」って何?
ALS(筋萎縮性側索硬化症)という病気の知名度を上げるためのキャンペーンなんですね。
色々な有名人がチャレンジしてるみたいです。
認知度を高めるためにこういった方法もあるんですね。
面白い時代になったもんです。

ここ台湾では政治家なんかがやっているみたいです。
Celebrities, politicians in Taiwan take on Ice Bucket Challenge:Focus Taiwan(英語版です) 
この11月に台北市長選挙に出る与党側の連勝文さんや、
その対抗馬の野党側の柯文哲さんなんかがやったようです。
記事には林依晨(Ariel Lin、台湾で超有名なドラマに出てた人です。ちなみに僕はこの人を見るとココリコ遠藤の元嫁の千秋をいつも思い出します。)に指名されたって書いてますが、
なんでこの2人を指名したんでしょうね?仲良くせえよってことでしょうか。
何で指名したかが書いてないのでよくわからないですね。。

まあ他にも政治家なんかがやってるみたいです。
そろそろ台湾の一般人あたりにも浸透してくるんでしょうか。
今んトコ自分のFacebookのタイムラインにはそんなん全然出てこないので、
まだまだこれからなのかもしれませんが。

こうやって難病の啓発活動をするってのはとても良いことですね。
僕も全く知らなかった病気ですが、調べてみようっていう気になりましたから。

今後、台湾でも広がっていってこのALSという病気の認知度が台湾でも高まればいいですね〜。


◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタン群の中の、どれかひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ   
 
世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
航空券徹底比較『スカイスキャナー』
旅の指さし会話帳
手数料が安い!【マネパカード】新登場!
世界中でインターネット!グローバルWiFi
英会話
スポンサードリンク



↑このページのトップヘ