台湾をめぐる冒険

前作、神馬笛をめぐる冒険からはや数年。今度は台湾・台北でのお話です。

カテゴリ:台湾 > 台湾人のこと

先週のこと。
土曜日のフリマをキャンセルにした雨は上がり、 
日曜日はとても暑い日でした。 

僕はひとりでフリマに居ました。
立っているだけで汗をかくような、そんなうだるような暑さ。
拭いても拭いても、噴き出る汗。

そんな中、ひとりのおばちゃんのお客さんが僕のブースで立ち止まる。
噴き出る汗を拭いながら、何とか対応を試みる。
声を掛けた中国語一発で、外国人であることが見破られ、
そんなこんなで色々話が始まる。
しばらく話していると、
「あんた、なんでTシャツ2枚着てるのよ?」
僕は夏場Tシャツを2枚着る。汗かきなので汗ジミがTシャツに出るのが嫌だからだ。
昔からの習慣である。
そんなことを説明すると、
「私もそう思ってたわ。なんであんたTシャツ2枚着てるのよ?」
となりのブースのおばちゃんも参戦する。
もう一度説明する。
「夏なのに、Tシャツ2枚着るなんて考えられない」
「余計暑くなるだけでしょ」
「あの太陽を見てみなさい」
などとまくしたてられ、完全にシュンとなる僕。

思えば、台湾の夏はみんな薄着だ。
日に日にみんなの露出度が上がっている。特に女性はすごい。
時に目の保養になるから喜ばしいこともあるが、必ずしもそうではない。

今は夏なんだ。暑いんだ。
だから薄着になればいいんだ。だって暑いんだもん。
肌露出してるほうが涼しいじゃん。
とてもシンプルである。潔い。
ほとんどの台湾人がこのように考えてると言っても過言ではないと思っている。
フリマで服売っても、いくら露出度が高くても、
生地が風通し悪いものだと、それだけでみんなの候補から落ちてしまう。
シンプルだ。

そんな考えの人から見たら、Tシャツ2枚重ねなんてあり得ないのだろう。

あー、来週のフリマでなに売ろうかな。
露出高くて、どエロいのでも仕入れてみようか。
1378713850336
※この写真はイメージで、本件とは何ら関係ない公園でみんなで踊るおばちゃんたちです。


◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタンの、ひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ   
スポンサードリンク



おっさんの友人。

彼は中小企業の社長。50歳を超えている。

よく行くバーで出会い、そこから仲良くなった。

最初は中国語が全然話せず、彼も英語をほとんど話せないのに、
いつも話しかけてくれた。

僕の中国語も上達し、今ではだいぶ色々話せるようになった。

バーで会うと、いつもビールを奢ってくれる。

奥さんが怒るからといつも僕より先に帰るけど、
帰り際「ありがとう」と言うといつも、「俺達は親友だから、気にすんな」と言う。

以前の僕の仕事も手伝ってくれた。
それがうまくいかなくなった時、やっぱり「俺達は親友だから、気にすんな」と言ってくれた。

週に数度、LINEを送ってくれる。
内容はいつも同じ、エロ動画サイトへのリンクだ。
だけど、先週は一度タイの感動的なCMの動画へのリンクを送ってくれた。

バーで会うと、
その動画について語り合う。
いつだって世界の男子をつなぐのは下ネタだ。
そういえばアフリカで一番最初に覚えた現地語は下ネタ的な単語だった気がする。
そして俺は街のヒーローになった。
そういえば台湾ではまだ覚えていない。今日から覚えよう。

なんで仲良くしてくれるのかはワカンナイけど、
台湾でできた数少ない男子の友人のひとりは、おっさんだ。
でも、とても愛すべきおっさんなのだ。 

おそらく、今日の夜も僕はバーでおっさんと、
昨日の夜送ってくれた動画について語り合うのだ。
600796_349017638559537_1934306051_n

◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタンの、ひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ   
スポンサードリンク



↑このページのトップヘ