台湾をめぐる冒険

前作、神馬笛をめぐる冒険からはや数年。今度は台湾・台北でのお話です。

カテゴリ:台湾 > 台湾人のこと

ブログでも告知したように、
土曜日はSimpleMarketで服を売ってきました。

天気はとても良かったのですが、
お客さんの数はイマイチ。。
なかなか売り上げも伸びませんでした。。。

「あ〜今日はもうダメかな〜」
なんて思っていたときに登場したのが、僕の日本語の学生。
台湾人の女の子です。
去年、大学を卒業したばかりの社会人。
よく行くバーで知り合って、日本語を教える事になった学生です。
写真 2014-04-14 14 05 52
彼女が来てから、売り上げが激変しました。
色々、話しまくって売ってくれる売ってくれる。
その日の売り上げの半分以上は彼女が出したくらい売ってくれました。

なんか以前にも服以外のフリマで、
台湾人の女の子に手伝ってもらった事があるのですが、
その時も話しまくって、売りまくってくれたことがありました。

台湾人の女の子って生まれつき商売の才能があるのかなと思わさせられるほどです。
あんまりこっちが色々説明しなくても、
お客さんのかゆいとこに手が届く感じで、会話を進め、
商品を売る。
僕がこれ言いたいけど中国語が分かんないから言えないと思っている事でも、
何も伝えずして、言ってくれている。
しかも売る側も買う側も楽しそうにしている。。
理想的だ。

僕が当たりの台湾人の女の子ばかりに手伝ってもらっているのか、
大部分がそうなのかは分かりませんが、
今のところとても凄い台湾人の女の子しか見ていない。

まあ、でも言葉って大事だな。
勢いだけで商品は売れる事もあるけど、
さらに売ろうと思えば、お客さんに寄り添ってみたり、距離を置いてみたりする事も必要なのに、
言葉が出来ないと、なかなか上手く行かない。。
もっともっと勉強しないとなー。


まあそれにしても、台湾人の女の子の接客すげーわ。
なに話してるのか全部は分からないけど、あんなに話し続けて楽しそうに出来るのすげーわ。


◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタンの、ひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ   
スポンサードリンク



なんかテレビやらメディアとかでよく見かける

「きゃー、台湾に行ったらご飯も美味しいし、人も優しくて良かったですー。きゃー」
みたいな事を、
特に「人も優しくて。。。」のとこを、
とくにこれといって台湾に来てから9ヶ月の間感じたことはなかったです。 

メシもそんな美味いか?
まあ台湾の料理も普通に美味しいし、別にイヤイヤ食べてるわけじゃないけど、
「いやー、俺やっぱ早く本物の日本食たらふく食いたいっす!」
な感じです。
ずっといれば、同じような味付けに飽きるものです。 

優しいっていうのも、あんま感じたことがなかったです。
あんま日本と変わらないんじゃないかなー。
あっ、でもバスや電車で席譲るのを見るとそう思うけど、
他ではあんまり感じたことはなかったです。
。。
。。。
。。。。
でも、この前フリマのとき初めて感じました。

フリマで服売る時、毎回来てくれる母と息子の親子がいます。 
フリマでは基本的に男物の服しか売らないけど、その息子が毎回来て
「男物ある?」って聞いてくるので、
彼のためにいつも男物を仕入れていました。まあそんなこと本人には直接伝えないですが。

最近僕の中国語の上昇に伴い、色々と話すようになって
仲良くなってきていました。

で、前回のフリマ。
いつものように僕のブースで買い物する親子。
満足して帰るかと思いきや、
「メシ食った?」
「まだだけど、後で行くよー」
「豚肉は食えるか?」
「うん」
え、なにこれ?と思っていたら、しばらく後に弁当を買ってきてくれる親子。
「これあげるよー」
え?まじで?
めっちゃ優しーじゃん。
俺、親子の名前も知らないのに、弁当おごってくれんの?
めっちゃやさしーじゃん。
と、初めて台湾人の優しさを身をもって感じた瞬間でした。

そう思うと、この前初めて天母というトコでフリマ出しました。
そこの店出してるおばちゃんたちも優しかったなー。
俺が一人で店出してたから、なにかと気遣ってくれて、
販売の手伝いしてくれたり。

あーやっぱ台湾人って優しいんだと、
こんだけのエピソードで思った僕は単純なのでしょうか。
20140329_180143
天母市場の様子
ここ初めて出店したけど、のんびりしててホントいいとこだったな。おばちゃんたち優しいし。
毎週やってるから、みなさんも行ってみては?


◯毎度どうもありがとうございます。
   下のボタンの、ひとつだけでも押して頂けると、
   僕のテンションが少しだけ上がります。
   もしかするとあなたのテンションも上がるかもしれません。
   どうぞ、どうかよろしく。
   にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ   
スポンサードリンク



↑このページのトップヘ